小さな会社のIT活用術

中小企業がパソコンやインターネットなどIT技術を活用して儲かる仕組みを作る方法

カテゴリ: 検索エンジン対策

ライバルサイトのSEO対策を分析するために、被リンクの調査は欠かせませんが、ヤフーの検索エンジンがグーグルに切り替わったことで、バックリンクを調べるためのLINKコマンドも使えなくなってしまいました。
続きを読む

ヤフーの公式発表やSEOの専門家の情報では12月初旬にgoogleの検索結果に切り替わると言われていたようですが、私の環境ではブラウザに関係なく、ヤフーとグーグルの検索結果がほとんど同じになっています。
続きを読む

マイクロソフトの検索エンジン「bing」の日本語版が2010年7月13日から正式版としてサービスを開始するそうです。

MSN Search、Live Searchと変化してきたマイクロソフトの検索エンジンですが、英語圏では2009年6月からサービスが開始されていましたが、日本ではベータ版として提供されてきたものです。
続きを読む

ドコモの検索エンジンがGoogleからgooに変更されたことで影響を受けた方も多いようです。私も多くのサイトで検索順位が上がったり下がったりで大きな影響を受けましたが、全体としてはアクセスが増えたので助かりました。

モバイルgooは、その後も順位変動を繰り返しており、まともな検索結果になりつつあるようですが、多くのサイトを管理する場合には携帯からではなく、PCからもチェックが行えると便利ですよね。続きを読む

あなたは携帯で検索する場合、何ページ目まで見ますか?
パソコンならキーワードのよって2ページ目まで、できれば10位以内に表示されることで多くの集客が期待できます。

しかし、携帯の場合、検索結果を2ページ目まで見ることは少ないようです。
続きを読む

携帯からも検索するのが一般的になってきましたね。
これは、Googleがドコモやauの公式メニューで採用されたことやパケホーダイなど定額のサービスの普及が大きいのでしょう。

携帯であまり検索したことが無い方は、先ずは検索してみてください。
公式サイト以外にも様々なホームページが見つかると思います。

でも、多くのキーワードで頻繁に検索には携帯は面倒。パソコンから携帯の検索結果が見られると便利です。
続きを読む

2月に入ってからアクセスが増えている携帯サイトが多数出てきていたため調べてみると、docomoとSoftbankからのアクセスが増えていることが解りました。

実際に検索画面を見てみると、今までは携帯サイトとPCサイトが分かれて表示されていたのですが、両方を別けないで混在して表示するように変更されていることが確認されました。続きを読む

Yahoo!ショッピングの検索結果への表示につづいて、08/11/27から「地域名+ジャンル名」の検索でYahoo!サービスに登録されている内容と地図か表示されるようになっています。

地図の表示はGoogleでも既に行われていますが、自サイトへ直接誘導することも可能です。しかし、Yahoo!のダイレクト検索では、全てがYahoo!サービスへの誘導となっているため、地域キーワードでSEOを行っていた場合に、大きな打撃となるか可能性があります。

私の管理するサイトの中でキーワードや地域によっては、集客が半減したサイトもあります。

更に先ほど確認したところ、オーバーチュアの表示も変更されており、キーワードによっては、オーバーチュアとYahoo!サービスで画面が埋め尽くされているケースが出ています。

続きを読む

Yahoo!関連の情報が続きますが、今回は最近のヤフーの更新で検索順位を大きく下げているサイトの傾向をまとめてみたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、ヤフーの激変は8/30から始まり、その後11/1、そして12/6にもアップデートが公式にアナウンスされています。
http://searchblog.yahoo.co.jp/2007/12/yst_update_7.html
続きを読む

Yahoo!カテゴリーへの登録審査であるビジネスエクスプレスで一部のサイトが値上げになると発表されました。

今回の改訂では、審査料が15万円となる特定サイトに

・ヘアケアに関するサイト
・エステティックサロン、美容外科などの美容を目的とした施術に関するサイト
・鍼灸、整体、カイロプラクティック、マッサージなどの各種療法に関するサイト

続きを読む

2007年4月で更新が終了したオーバーチュアのキーワードアドバイスツールの提供が2007/09/13で終了しています。

現在は検索を行っても何も表示されなくなっています。

正式なアナウンスは未だ無いようですが、米国でも同様の状況となっていますので、サービスが打ち切られたものと思われます。

2007/9/23 また利用可能となっているようです。
また、何時サービス停止になるか解らないので、他のツールも利用して困らないよう準備をしてください。

キーワードアドバイスツールに代わるツールとしては

⇒ グーグル・キーワードツール

2007/8/30にYST検索アルゴリズムを刷新したと「Yahoo!検索 スタッフブログ」でアナウンスされました。

多くのサイトでヤフーの検索順位に激しい変動があったようですが、皆さんのサイトは大丈夫だったでしょうか。
続きを読む

ヤフー、Google, Live Search(MSN)の検索エンジンで共通のサイトマップ(Sitemaps)形式が公開されました。

既にGoogleで提供されていたGoogle Sitemapsと内容的には同じで、書式ほとんど同じとなっています。

サイトマップ(Sitemaps)とは、検索エンジン向けにサイトのファイル一覧をXML形式で記載したもので、検索エンジンへのインデックス登録やロボットの巡回を促す効果があるものです。

検索エンジンに正しく登録されない、登録されないページが多数あるなど、ヤフーやGoogle対策で悩まれている方は、利用してみては如何でしょうか。

サイトマップで検索エンジンにサイトの情報を知らせる
Google SitemapsをMovableTypeで自動作成
サイトの更新情報をヤフーに効率的に通知する


日本では圧倒的な利用率のヤフーですが、ヤフーで検索されるためには、インデックスに登録されなければなりません。

インデックスへの登録はヤフーのクローラ(ロボット)が、世界中のホームページのリンクを辿って巡回し、ページを見つけてインデックスに登録していきます。

ただ待っていても、何時登録されるかわかりませんので、ヤフーに巡回の依頼をすることも可能です。
続きを読む

いくつかのSEO専門のサイトで報じられていたのですが、ホームページがまるごとヤフーの検索結果から消える現象が発生したようです。

これは、ヤフーのクローラーが新しいものに切り替わったことに起因しており、間違ってヤフーのクローラーのアクセスを除外してしまったため起きたものです。

新しいクローラーが今までと異なるIPアドレスで大量のアクセスを行ったため、サーバーの管理者が不正なアクセスと思い、アクセスを拒否してしまったようです。

レンタルサーバーのロリポップでは、この事実を発表し、既に対処しているとのことですので、時間と共に解決されると思われます。

他でも同じ様な問題が出ているようですから、もし、ヤフーの検索結果から消えるなど同様の現象が起きている場合には、サーバー管理者やレンタルサーバー会社に確認されると良いと思います。

最近リリースされたツールで、SEOの診断を行ってくれる「SEOアクセス解析ツール」をご紹介します。

自分で分析を行うためのSEOのツールは色々とあるのですが、自動で解析して診断まで行ってくれる無料ツールは少ないと思います。

SEO対策は気になるけど、自分で本格的に勉強までではない方など、解析結果と合わせて診断のコメントが表示されますので、初心者にはとても参考になりそうです。

使い方もとても簡単でURLを入力するだけです。
解析結果として

・Googleページランク
・Alexaのトラフィックランキング
・キーワード分析(最重要に設定されているキーワード、オーバーチュア月間検索数、検索順位など)
・被リンク数(GoogleとYahooでの被リンク数)
・ドメイン取得年月日

最重要と判断されたキーワードは、そこから検索順位の確認が行えるのも便利です。

⇒ SEOアクセス解析ツール

Googleにインデックスされやすくするには必須のツールと言えるGoogleサイトマップですが、あなたのサイトの詳細な情報を分析できる様々な機能が追加され、さらに便利になっています。

とても、便利なのが「上位の検索クエリ」で、どのようなキーワードで検索されたときに表示されているのかが分ります。検索順位が表示されることと、検索された結果とクリックされた結果が別に集計されるのが特徴です。アクセス解析では、実際に訪問した結果が対象ですから、クリックされるまえの情報は分りません。

続きを読む

昨年6月に新しいエンジンに切り替わったMSNですが、その後、順調にシェアを伸ばしているようです。

私の管理しているサイトの多くでMSNの割合が明らかに上がってきています。
Yahoo!のシェアが下がった分をMSNが埋めている感じです。

マイクロソフトが本気になると、さすがに強いですね
続きを読む

狙った検索キーワードで、あなたのサイトが、何位に表示されているのか、毎回検索サイトで、検索して確認していたのでは、とても手間が掛かってしまいます。

ましてや、主要な検索エンジン毎に複数のキーワードで確認するのは、とても時間の掛かる作業です。

そのような時に、主要な検索サイトの検索順位を一度に確認できる便利なサイトが、

続きを読む

2005年10月からヤフーの検索表示方法が、ディレクトリー検索優先からロボットであるYST(ヤフー・サーチ・テクノロジー)優先に切り替わり2ヶ月以上経ちましたが、皆さんのサイトへの影響は如何でしょうか。

ヤフーからの集客が減ってしまった人、逆に増えた人や余り変わらない人と影響はさまざまなようです。

YSTへの切り替え直後は、アクセスが増えたけど直ぐに減ってしまったケースもあるようですが、大幅な順位の入れ替えや、検索結果にディレクトリー登録されている内容が表示されるように変更された影響も大きかったようです。

まだまだ分らないことが多い、YSTですが、ヤフー・ディレクトリーへの登録が、YSTの検索結果にも影響を与えているようです。
続きを読む

Google Sitemapsに新機能が追加されました(2005/11/17)。「Google Sitemaps」(グーグル・サイトマップ)とはGoogleにサイトの詳細ページ情報を登録できるもので、インデックスの取りこぼしを減らす効果が期待できるものです。
続きを読む

本日10月3日からヤフーサーチが「登録サイト優先」から、「ページとの一致」優先に切り替わりました。

今まで人間が登録を行っていたディレクトリー方式から、グーグルと同様にロボット方式が優先になりました。

日本で圧倒的な利用率を誇るヤフーがロボット(YST)優先に切り替えたことにより、日本語でも、この方式が主流になったと言えるでしょう。
続きを読む

Google Sitemapとは、Googleがベータ版として提供している機能で、サイトの更新やページ追加の情報の一覧をXMLファイルでGoogleのクローラに渡すものです。

規定のフォーマットのXMLファイルを作成して、Googleに登録すると、そのXMLファイルからサイトの更新情報を読み取って効率的にインデックスしてくれるようになります。

⇒ Google Sitemapsの説明

実はこのブログ、Googleに嫌われていたのです。
と言うよりも検索エンジン対策(SEO)を何もしていなかったと言うべきでしょう。

続きを読む

このサイトでも何度かお知らせしてきましたが、Yahoo!JAPANがページ検索(YST)優先に変更されます。

9月から年末にかけてと言われていましたが、10月からの変更が決まったようです。

ITmediaニュース:ヤフーがロボット検索全面採用 10月から“Google型”に
NIKKEI NET:ヤフー日本法人、完全自動検索に移行・閲覧数伸ばすグーグル型

実際にどのように変わるのかは、
続きを読む

SEO(検索エンジン最適化)やSEM(サーチエンジンマーケティング)によく使う便利ツールです。
自分で検索エンジン対策を行う人には、定番のツールだと思いますので、参考にしてください。

続きを読む

Yahoo(YST)GoogleMSNに自分のホームページがどのように登録されているのか、気になりませんか?

せっかく沢山のページを作っても、検索エンジンに認識されていなければ、上位に表示されるどころか、検索されることすらありません。

検索エンジンには、指定されたドメイン毎にインデックスされているページの一覧を表示する機能がありますので、早速に調べてみましょう。

それでは、Yahoo(YST)GoogleMSNで、具体的な調べ方を説明します。

Yahoo(YST)に関しては、既に新しい検索エンジンへの切り替えがわかっていますので、ベータ版ですが、そちらで説明を行います。現行のYSTでは方法が異なりますので注意が必要してください。

続きを読む

ヤフー検索の表示が変更されることにより高まるYST対策の重要性

既にご存知の方も多いと思いますが、Yahoo!検索で表示される検索結果の内容が大幅に変わろうとしています。2005年秋から年末にかけて変更されるのではないかとの見方が大半のようです。
続きを読む

検索エンジンの利用者が入力する検索キーワードは質問事項であり、その質問に答えるような答えが検索結果に表示されることが大切です。

もし、検索結果の上位に表示されていても、そこに表示されるページタイトルや説明文が、検索者の求めている内容でなければ、クリックはしてくれないですよね。
続きを読む

リンクポピュラリティにはこの方法がおすすめ?

Googleなどの検索エンジンは、検索結果の表示位置を決めるのに、人気サイトからのリンクの数を重要視しています。

これをリンクポピュラリティと言うのですが、人気サイトから沢山リンクがあるページも良いページと判断してそのページのランク付けを行っています。Googleではこれをページランクと呼んでいます。

人気サイトからのリンクを得るのは容易なことでありませんから、皆さん苦労されていると思います。
続きを読む

つい先日もYahoo!カテゴリを重視した対策が必要との記事を書いたばかりですが、日本でも米国同様にYahoo!カテゴリに登録されたサイトが検索結果に表示されなくなる可能性が高いようです。
続きを読む

日本で一番多く利用されている検索エンジンはヤフーなのですが、Googleよりも高いシェアとなっていて

ざっと4:2:1でヤフー:Google:MSNの割合になります。

検索エンジン対策と言うと、GoogleのSEO(検索エンジン最適化)のイメージが強いのですが、検索エンジンから、より多くの見込み客を集客したいのなら、Yahoo!対策が重要になってきます。

実際にYahoo!で検索すると直ぐに解るのですが、
続きを読む

SEOにも効果があるとされる<STRONG>タグですが、画面での見た目は<B>タグと違いが無いようですが、どのように使うべきなのでしょうか。

文法的には<B>タグは視覚強調のためのタグで、<STRONG>タグは論理強調のタグとされており、検索されたいキーワードなどは、文書の中でもっとも意味を強調したい重要語句ですので、<STRONG>タグで囲むことによって、検索エンジンに理解させます。

<B>見た目を視覚的に強調</B>

<STRONG>意味を論理的に強調</STRONG>

では、実際の使い方ですが、そのページの中でもっとも強調したいワードだけに使ってください。検索エンジンに、一番重要視させたいメインのキーワードだけに限定して使用し、乱用はしないでください。

長いセンテンスを強調することも何を強調したいのか解らなくなりますから止めましょう。

他に論理強調のタグとしては<EM>がありますが、意味合いは同様となります。

サイトマップと言えば、サイト利用者のために、サイト全体を解りやすく表した目次のようなものですが、SEO対策にも効果を発揮します。

SEO対策のためにもサイトマップのページは、是非、作成してください。

なぜ、サイトマップがSEO対策に有効かと言うと、検索エンジンの仕組みに関係します。
続きを読む

IMGタグのALT属性(代替テキスト)は、そのイメージ画像の説明を記載するもので、画像がダウンロードできない場合やアクセスビリティの面からも設定を推奨されていますが、実際には割愛されていることが多いようです。

<img src="images/btn.gif" ALT="画像の説明" />

SEOの観点から見るとALT属性は重要な意味を持ちますので、必ず設定を行ってください。

続きを読む

誰もが思いつくようなメジャーなキーワード(一般語)で、検索結果に上位表示させるのは競争も激しく至難の業です。

SEO(検索エンジン最適化)を行うにしても相当の労力を要しますし、キーワード広告もその様なワードはクリック単価が高騰しており費用対効果的に合わなくなってきています。

それでは、時間もお金もかけられない小さな会社(弱者)は、どうすればよいのでしょうか。

続きを読む

検索エンジン最適化(SEO)を行う上で基本となる、HTMLの記載方法やタグの使い方のポイントを説明します。

検索エンジンのロボットが巡回し、各ページの文字情報を機械的に読み込み、データベース化するのですが、その時に特定ルールで、そのページで使われているキーワードにポイントを付けていきます。
そのポイントを加味して検索結果の表示順位が決定されるのですが、少しでもポイントが高くなるようにHTMLの記載方法を工夫します。

検索エンジン最適化に効果があるHTMLの記載方法としては、続きを読む

SEOに関連性の高いMetaタグはdescriptionとkeywordsの2つになります。

descriptionタグに検索キーワードが含まれていれば、検索結果のページサマリー(タイトルの下に表示される概要説明)にほとんどの場合は引用されて表示されます。ですので、メインキーワードを含めて、そのページの内容を100文字以内で適切に記載することによって、見込み度の高いお客さんを誘導できる可能性が高くなります。Googleの表示順位には影響がないようです。

<META name="description" content="キーワードを入れたページの説明文">


Keywordsタグは、Googleでは意味を持たないため、重要視されなくなっていたのですが、YST(Yahoo! Search Technology)は、Inktomiを継承しているので順位付けの参考としているため、記載した方が良いでしょう。ページの内容を表すキーワードを10程度、関連性の高いものからカンマで区切って記載してください。

<META name="keywords" content="キーワード1, キーワード2, キーワード3">


もし、MovableTypeを使っているのならテンプレートでMTタグを使うことで簡単にページごとに個別の設定が出来ますので設定してみてください。


<META name="description" content="<$MTEntryBody words="100"$>">
<META name="keywords" content="<$MTEntryKeywords$>">

検索エンジンで上位に表示されるにはページランクをある程度上げる必要があります。ページランクとは、他のサイトからどの程度有益なリンクがあるかを数値化したものです。

誰もリンクしていないサイトは、あまり有意義な情報が無いと判断され、検索エンジンで上位に表示されることはありません(まったく検索の対象にならない場合もあります)。
続きを読む

あなたのホームページは、どのページに人気があるか解りますか?
あなたのサイトへ訪れた人が、どこから来たか知っていますか?
検索エンジンからの訪問者が、検索に使ったキーワードを知っていますか?

もし、ご存じないのであれば、アクセス解析を行うことで、即時にこれらの内容を知ることができます。
続きを読む

↑このページのトップヘ