テレワークの機会が増えて自宅のインターネットやWi-Fiの遅さが気になっていませんか?
ビデオ会議や子供のオンライン授業の途中でネットが途切れたり遅かったりとトラブルも増えています。気づくと家中でインターネットに接続している機器が増えていますので環境を見直す良い機会かもしれません。
先ずは遅さの原因を突き止めるため切り分けを行います。
前提として家に固定のインターネット回線がありルーターからWi-Fi経由で端末に繋がっている環境を想定しています。ご自宅のネット接続がADSLやISDNは技術的にも限界ですので光に切り替えることをお勧めします。固定回線がないポケットWi-Fiは別の記事を各予定です。マンションのVDSLは別の記事を書いていますのでそちらを御覧ください。→こちら

回線の問題なのかWi-Fiの問題なのかを確認するため、有線LANでWi-Fiルーターに直接繋げてみる。この時にLANケーブルもCAT5e以上、できればCAT6A規格のものを使ってください。古いLANケーブルは規格が古く速度が遅くなるそうです。PCにLANポートがない場合はWi-Fiルーターの近くで速度や通信が安定しているか確認します。

LANケーブルで直接繋いで改善するのであれば、Wi-Fi側の問題と考えられます。
先ずはルーターなどネットの接続機器を再起動して改善が見られなければ

  • ネットに繋がっている機器が他に無いかを確認する

  • 調子が悪いのはその端末だけなのか他も遅いのか

  • 部屋や場所によって繋がりにくいのか

  • 電子レンジなど電波に影響する機械を使用していないか


PC、スマホ、タブレット、テレビ、ビデオ、ゲーム機、アレクサなどネットに繋がる機器が増え続けています。ご近所でも利用が増えているので混線して遅くなっていることも考えられます。古いWi-Fiルーターを使用しているのであれば最近の機種に変えるだけでも改善が期待されます。

Wi-Fiの規格は常に進化し、より高速に多くの端末を繋げることが可能となってきています。
同じ規格でも高機能モデルになると離れた距離まで電波が届き、同時に複数の機器が通信できるものが多いので、ネットの繋ぐ機器が増え、家族みんなが接続する機会が多いのなら最新の上位機種への買換で改善が期待できる可能性があります。

知らないWi-Fiの接続ポイントが多数見えている場合は、ご近所でもWi-Fi利用が増えており混線が起きていることが考えられます。新しい高機能なルーターにすることで干渉が減る可能性があります。Wi-Fiも日々進化し新しい規格になっており通信速度が速く電波の届く距離が長くなり接続台数も増えています。

光回線の接続も新しい規格に変わってきているため、何年も前に導入したのであれば機器が古い規格のままかもしれません。
具体的にはIPv4 PPPoEからIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6と言う新しい接続方式に切り替えることで速度低下や遅延の改善が期待されます。
同じNTTフレッツ光でもIPv6 IPoEに対応したプロバイダーに切り替えることで混雑時の解消が期待できるのでチェックしてみてください。