小さな会社のIT活用術

中小企業がパソコンやインターネットなどIT技術を活用して儲かる仕組みを作る方法

テレワークの機会が増えて自宅のインターネットやWi-Fiの遅さが気になっていませんか?
ビデオ会議や子供のオンライン授業の途中でネットが途切れたり遅かったりとトラブルも増えています。気づくと家中でインターネットに接続している機器が増えていますので環境を見直す良い機会かもしれません。
続きを読む

マンションでVDSL方式のためか限界を超えるような遅さでしたが、なんとか改善することができました。VDSLが遅くて困っている方に役立つことがあるかもしれませんので、その経緯を紹介したいと思います。
続きを読む

私の場合、未だにMTの比率が高いのですが、それでもサテライトなどWordPressを使う機会も増えてきました。利用者数が多いことに起因するのだとは思いますが、MTに比べてセキュリティ関連の問題が多いように感じてしまいます。

初期値のadminのまま使っていてサイトを乗っ取られる被害が多発しましたが、ユーザー名を変えるだけでは、対策としては不十分のようです。

検索すれば関連する情報は沢山出てくるとは思いますが、私が行っているユーザー名関連の対策をまとめてみました。
続きを読む

学校でも積極的に活用され始めているタブレットですが、自宅でも子供に使わせようと思った場合に安心して使わせることが出来るのでしょうか。

パソコンならウイルス対策ソフトを入れて、危ないサイトへの接続を遮断したり、フィルタリングソフトで有害サイトへのアクセスを制限したりできますが、タブレットの場合は何も対策がされていないことが多いようです。
続きを読む

未だに愛用者が多いWindowsXPですが、2014年4月8日にマイクロソフトのサポートが終了します。

サポート期間が終了すると、セキュリティーなどの問題が見つかったとしても更新プログラムが提供されなくなりますので、実質的に使い続けることは不可能となります。何度か期日が見直しされた延長サポートですので、再延長は期待できないでしょう。
続きを読む

中小企業でも会社のホームページを作る場合、日々の更新は社内で簡単に行えるようにMovableTypeやWordpressなどのCMSを組み込むことが一般的になっています。

この場合、初期の制作費用は掛かりますが、通常の更新作業は自分で行えるため、余計な費用はかかりませんし、何と言っても情報発信の速度が上がります。

毎回、制作会社にお更新を依頼していると手間も費用も掛かるために、スピードは遅くなりますし、発信の頻度も下がってしまいます。
続きを読む

これから申告時期にかけて、毎年聞かれるのが、個人事業者向けの青色申告ソフトについてです。

個人事業主の方にとっては、そろそろ憂鬱な時期が近づいてきましたね。
申告日の1週間前に、レシートや領収書をかき集めて、慌てて記帳している人も多いのではないでしょうか。

私もついつい溜めてしまって反省しているのですが、皆さんは、そんなことにならないよう、日頃から会計ソフトを使って、こまめに経理処理をするようにしてくださいね。

それでは、青色申告ソフトの種類から簡単に説明します。
続きを読む

いよいよWindows 8の発売が近づいて来ましたね。
10月とのことでしたが、10月26日に決ったようです。

どのタイミングでバージョンアップするかは少し悩むところです。
Windows 8のタブレットは、かなり注目されているようなので、早い段階で手に入れたいと狙っています。

仕事用にタブレットの購入を考えていて、Windowsとオフィスを使っているなら、検討する価値は高そうですね。

あまりニュースにもならなかったような気もしますが、Windows Vistaの個人向けサポート期間が、2012年4月10日の終了予定から2017年4月11日まで延長されています。
あまり評判の良くなかったVistaですので、使い続ける人は少ないかもしれませんが、セキュリティ更新プログラムが提供されますからしばらくは安心して利用できますね。

Windows 7に関しても、2015年1月13日から2020年1月14日にサポート期間が延長されています。

個人事業主や零細企業の場合は、個人向けの製品を使っていることが多いので、企業向け製品と同様のサポート期間になることは嬉しいですね。

東日本大震災の義援金を寄付した場合に、一定の条件を満たす場合には確定申告を行うことで税金が安くなる場合があります。

TV等でも取り上げられているのを見かけましたが、ご存じない方も多いようなので概要を紹介します。
続きを読む

↑このページのトップヘ