Googleにお店の情報を登録しよう

Googleで地域名+サービスで検索すると地図と共にお店の情報が表示されるのをご存知でしょうか。

これは、Googleプレイスというサービスで、以前からあった機能を強化して名称が変更されたものです。
  「Googleにお店の情報を登録しよう」の続きを読む

at 2010年08月31日 07:51 │Comments(1)TrackBack(0)Edit

Yahoo!がbingではなくGoogleと提携

来年には日本のYahoo!も検索エンジンがbingになるもと思っていたら、なんとGoogleと提携じゃないですか!

過去にも2001年から2004年までYahoo!はGoogleの検索エンジンを使っていたのですから、元に戻っただけとも言えますが、何が起こるか解らないのがインターネットの世界ですね。
  「Yahoo!がbingではなくGoogleと提携」の続きを読む
at 2010年07月27日 19:35 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

IE8が本格的に普及

先月からIE8の普及が進んできているようです。私の管理しているサイトも改めて分析してみると、ほとんどのジャンルのサイトでIE6、IE7を抜いてIE8がトップとなっています。
  「IE8が本格的に普及」の続きを読む
at 2009年11月27日 10:38 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

インタレストマッチのオンライン受付が開始

オーバーチュアとYahoo! JAPANは、インタレストマッチ™のオンラインからの新規アカウント開設受付を2009/2/19から開始されました。

今までは、代理店経由での申し込みだけとなっていたために、広告予算の少ない中小企業や零細企業では利用することが出来ませんでしたが、オンラインでの申し込みが可能となり、通常のオーバーチュア広告同様に前払い広告料金(デポジット)¥3,000で利用可能となりました。  「インタレストマッチのオンライン受付が開始」の続きを読む
at 2009年03月03日 16:35 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

モバイル版コンテンツ向けAdSenseがドコモに対応

Googleは「モバイル版コンテンツ向けAdSense」が2008/5/1にドコモを含めた主要3キャリアに対応したことを発表しました。

「モバイル版コンテンツ向けAdSense」は、携帯向けサイトのコンテンツの内容を読み取って、自動的にコンテンツに連動した広告を配信するサービスです。

今までは、auとソフトバンクで閲覧した場合だけ広告が配信されていましたが、ドコモが加わることで広告の掲載数が一気に広がります。

先日、iモードのトップ画面にGoogleの検索窓が設置されたのに続き、携帯のPPC広告が面白くなってきましたね。

⇒ AdSense 日本版 公式ブログ
http://adsense-ja.blogspot.com/2008/05/adsense.html  
at 2008年05月02日 16:55 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

Yahoo!の検索ランキング

Yahoo!検索ランキングが11/9から提供開始されています。
日本では圧倒的な人気のYahoo!に検索ランキングが無かったことが不思議なくらいですが、さすがに内容的にも充実しています。

Yahoo!検索ランキング

今がわかる「急上昇ワード5」や旬がみえる「トレンドサーフィン」などYahoo!サーファーによるキーワードの解説やコラムもお勧めです。

  
at 2007年11月20日 11:59 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

携帯サイトをヤフーに登録する

VodafoneからSoftbankになったことで、更に利用が広がりそうなYahoo!モバイルですが、一般の携帯サイトが検索されるためには、モバイル版Yahoo!カテゴリへの登録が必要となります。

モバイル版Yahoo!カテゴリは登録サイトが少ないこともあってか、商用サイトであっても登録審査が無料で行えます。

もし、携帯サイトをお持ちであれば、ぜひ、登録してみてください。

⇒ 携帯サイトのサイト掲載について

まだ、携帯サイトを持っていない方は、ライバルの少ない今のうちに始めてみてはいかがでしょう。
  
at 2006年10月12日 12:48 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

ヤフーでメルマガ発行

ヤフーが2006/08/08からメルマガの発行サービスを開始しました。

まだまだ、メルマガの登録数も少なく、それぞれの発行部数も少ないようですので、メルマガを発行している人は、ねらい目だと思います。

読者獲得にヤフーが本格的に告知を行うことが予想されますので、早期参入のメリットは大きそうです。

今なら競争相手も少なそうですので、活用してみては如何でしょうか。

⇒ Yahoo!メルマガ
  
at 2006年08月13日 14:29 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

ヤフオクでオーバーチュアが掲載

2006年6月26日より、ヤフー・オークションでもオーバーチュアのスポンサー広告が表示されるようになるようです。

一部スポンサードサーチの試験運用となっていますので、実際にどのように表示されるかはまだ解りませんが、Yahoo!オークション検索結果ページの画面左側中央部に表示されるようです。

現状では、スポンサーマッチとして、バリューコマースが提供する「サブサイトリスティング」などの広告が表示されていますが、中小企業や個人事業者には、オーバーチュアのスポンサー広告の方が予算的にも使いやすそうです。

ヤフオクで人気がある商品を扱われている方は、チェックしてみてはいかがでしょう。
  
at 2006年06月13日 19:07 │Comments(1)TrackBack(0)Edit

Web2.0ってなんだろう?

「Web2.0」と言う言葉を聞く機会が増えましたが、皆さんも耳にする機会は多いですか?

インターネット業界の人たちと話していると、当たり前のように「Web2.0」の話が出るのですが、この言葉自体の定義は曖昧で、特定の技術やサービスを指すものではないので、少し解り難いのではないでしょうか。

  「Web2.0ってなんだろう?」の続きを読む
at 2006年04月06日 15:24 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

Googleローカルにあなたのお店を登録しょう

身近な場所のお店や施設を検索できるGoogleローカルをご存知でしょうか。

⇒ Googleローカル

たとえば、柏市でラーメン屋を検索すると周辺の店の情報と場所が表示されます。

飲食店だけでなくお店や映画館、公共施設など色々と検索が可能です。

いままでは、タウンページの情報をもとに情報が表示されていたようでうでしたが、最近になって「Google ローカル ビジネス センター」というサービスが開始され、無料で情報の登録が可能となっています。

  「Googleローカルにあなたのお店を登録しょう」の続きを読む
at 2005年11月26日 18:13 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

Yahoo!エリア検索(ベータ版)の提供を開始

10月11日からヤフーがエリア検索のベータ版を開始しました。
⇒ http://area-search.yahoo.co.jp/

先にサービスが開始されている「Google ローカル」のヤフー版と言えるサービスです。
⇒ http://local.google.co.jp/

「身近な場所を訪れるきっかけ」を提供するためのサービスとのことで、レジャー施設や、店舗などを探すことができるものです。

  「Yahoo!エリア検索(ベータ版)の提供を開始」の続きを読む
at 2005年10月20日 12:08 │Comments(1)TrackBack(1)Edit

GoogleローカルのPPC広告

先日、何か食べようかなと思ってGoogleで検索していると、何やら見慣れないGoogle自身のAdwords広告を発見。

GoogleLocalPPCこの広告を見たことありますか?

  「GoogleローカルのPPC広告」の続きを読む
at 2005年07月23日 08:45 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

インターネットの地域戦略

競争条件が不利な小さな会社は、他社と差別化した戦略が必要なのはインターネットの世界でも同じです。

何をどこで誰にどのように売るのかを徹底的に考えて差別化した戦略が必要になります。

インターネットの大きな特徴の1つは、個人や小さな会社でも日本全国、全世界に向けて情報を発信できることですから、今まででは考えられないくらい、広範囲に多くの人にアプローチすることができます。

多くの人にアプローチできるからこそ、商品や客層の思い切った差別化も可能になってきます。

それでは、実店舗への集客や商品やサービスを直接顧客に提供する地域密着型の商売にインターネットを活用するにはどうしたらよいのでしょうか。
  「インターネットの地域戦略」の続きを読む
at 2005年05月19日 10:21 │Comments(0)TrackBack(1)Edit

Webマーケティングの定番ツール

今回は、インターネット・マーケティングの調査などで、よく使う便利な定番ツールを紹介します。これらは、SEO/SEMで利用する基本的なツールですが、マーケティングにも役立つものですので、ぜひ参考にしてください。
  「Webマーケティングの定番ツール」の続きを読む
at 2005年04月06日 20:13 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

アドワーズでテストマーケティング

Googleアドワーズ(キーワード広告:PPC)の魅力は、

・誰でも低予算で直ぐに始められること。
・広告の作成や出稿がオンラインで行え、直ぐに掲載されること。
・1つのキーワードに複数の広告が同時に掲載できること。
・キーワード、広告ごとの表示数、クリック数やクリック単価が直ぐにわかること。

などになりますが、テストマーケティングを行うには最高のツールだと言えます。

インターネット・マーケティングのアプローチとしては、まずは仮説を立てることから始まり、テストをして結果を検証し、結果を反映してまたテストすることの繰り返しです。
小さな失敗を経験し、その試行錯誤の中から、成功パターンを見つけ出すことですから、まさに最適なツールと言えます。

では、実際にどのようにテストマーケティングを行うかを説明します。
  「アドワーズでテストマーケティング」の続きを読む
at 2005年04月03日 20:10 │Comments(0)TrackBack(2)Edit

メール広告の反応は48時間

広告をメール配信すると配信直後から反応が始まり48時間(2日間)でほとんど収束し3日目には、ほとんど反応がなくなります。これはE-メールの即効性の高さを表していますが、持続性の無さもあります。

それではなぜ、このような結果となるのでしょうか。  「メール広告の反応は48時間」の続きを読む
at 2005年03月31日 12:29 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

インターネット広告の効果を測定する方法

チラシや雑誌広告など既存のオフライン広告とインターネット広告の一番の違いは、広告ごとの効果の測定が容易なことです。どの広告からホームページに訪れたのか、どのページを参照したのかなど正確に訪問者の行動を追跡(トラッキング)できるのです。

たとえば、メルマガ広告を出した場合、配信数はわかりますが、何人が広告をクリックしてホームページを訪問したのかまではわかりません。しかし、アクセス解析を行うことで、どの媒体から訪問したのか簡単に知ることができるのです。更に行動を追跡することで、何人が購入に至ったのかも確認することが可能になります。

■ 広告ごとの訪問数(クリック数)
オプトインメールなど配信側でクリック数を集計してもらえる媒体もありますが、URLをちょっと工夫するだけで、自分でも簡単に集計することができます。

メルマガAとメルマガBの2つに広告を掲載する場合を例に説明します。
ホームページのアドレスは http://system.livedoor.biz/ とします  「インターネット広告の効果を測定する方法」の続きを読む
at 2005年03月30日 14:45 │Comments(1)TrackBack(0)Edit

ビジネスならGoogle?それともYahoo!

ビジネスで検索エンジンを利用する場合は、YahooよりもGoogleが多いのではないかとの意見を聞くことがあります。私も普段はGoogleを利用していますし、IT関連とか技術系のサイトの場合にはその傾向が強く現れるようです。

ビジネスでの検索エンジンで、このテーマが取り上げられており、貴重な情報が公開されています。Googleからの比率が高いサイトの割合が高すぎるようにも感じますが、私の関わっているサイトでも同様にGoogleの比率が、高いサイトがいくつかあります。それらは、検索ワードやターゲット層を検証すると納得がいく内容となりました。

しかし、B2Bであっても顧客層から、Yahooの比率が高くなるべきサイトでGoogleの比率が高いものが、いくつか見つかりました。

同様にB2CのサイトでもYahooの比率が低いものがありました。全てを詳細に調査することは出来ていないのですが、小規模サイトにこの傾向が強いようです。

いくつかのサイトで検証を行った結果、Yahooからビックワード(需要の高いワード/一般語)での集客が出来ていないことが判明し、実際にYahooでの検索結果を見ると答えは簡単に見つかりました。
  「ビジネスならGoogle?それともYahoo!」の続きを読む
at 2005年03月28日 12:29 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

検索結果に表示されるキーワード広告とは

キーワード広告とは、検索エンジンの検索結果に、指定したキーワードで検索が行われた時にテキスト広告を表示するものですが、実際にクリックされた時にだけ費用が発生するため、費用対効果が高く、予算設定もできて少ない費用からでも始められることから中小企業や個人事業者にもお勧めの広告です。

・少ない予算で直ぐに始められる
・表示されるだけならお金はかからない
・費用対効果を確認しながら進められる
・事前に予算を設定でき、効果が確認できたら直ぐに増やせる。

私はキーワード広告の代理店ではありませんが、今、一番結果を出しやすいインターネット広告だと思います。トライ&エラーで、マーケティングの勉強まで出来るシステムだと言えるでしょう。
  「検索結果に表示されるキーワード広告とは」の続きを読む
at 2005年03月26日 19:48 │Comments(0)TrackBack(0)Edit

Yahoo!とGoogleの利用ユーザー層の違い

検索エンジン対策を行う上で、YahooGoogleの利用ユーザー層の違いを意識する必要があります。

同じ検索ワードでも、YahooGoogleではユーザー層が異なる場合も多くあり、Yahooで検索されないキーワードがGoogleで検索されたりすることがあります。またその逆もあります。

一般的にYahooは初心者が多くGoogleは検索なれしている人が多くなりますので、Yahooから検索したユーザーには、情報をやさしくまとめたページに、Googleからのユーザーには詳細な情報を提供するページにと、ユーザー層毎に求めている情報の違いを意識した誘導を行うことで、コンバージョン率を高くすることが可能となります。

同じキーワードで誘導しても、最終的な購入率に大きな違いが出ることがありますので、検索エンジンごとに売上に貢献するキーワードを見極めましょう。

PPCの広告メッセージもこれらの違いを意識した内容にすることが大切です。

  
at 2005年03月25日 11:56 │Comments(0)TrackBack(0)Edit