更新できるホームページを自分で作る

 
中小企業でも会社のホームページを作る場合、日々の更新は社内で簡単に行えるようにMovableTypeやWordpressなどのCMSを組み込むことが一般的になっています。

この場合、初期の制作費用は掛かりますが、通常の更新作業は自分で行えるため、余計な費用はかかりませんし、何と言っても情報発信の速度が上がります。

毎回、制作会社にお更新を依頼していると手間も費用も掛かるために、スピードは遅くなりますし、発信の頻度も下がってしまいます。

CMS導入のデメリットはやはり、導入時に費用がかかることです。既成のテンプレートを利用するサービスもあるのですが、どうしてもデザイン面で見劣りしたり、細かなレイアウト修正などが難しいことがほとんどです。個人の日記用のテンプレートですと無料でいくらでも見つかるのですが、企業用となると極端に少なくなります。

ホームページ・ビルダーなどのソフトを使って自作している方も多いのですが、ある程度のパソコンスキルがないと難しいことと、どうしてもデザイン面で見劣りするために、いかにも自作という感じになりがちでした。

しかし、2012年秋に発売されたホームページ・ビルダーVer17では、CMSとして主流となっているWordpressのサイトが作れるようになったのです。

さらに、ビジネス向けのテンプレートが豊富に揃っているのです。これって画期的なことで、社内で更新できるデザインもキレイなホームページが自分で作れてしまうのですよ!

はっきり言って、作るだけのホームページ制作会社なら必要ないくらいです。

ちょっと難しいのは、初めのサーバーの設定くらいで、その部分だけ少しパソコンに詳しい人に見てもらえれば、普段の更新はブログで日記か書けるレベルでOK、スマホからだって更新できます。

日常的に更新するページのほとんどは、テキストと写真だけですから、社員の誰もが記事の更新ができるようになります。

もし、企業間もない方や、会社のホームページを初めて作る方、2つ目以降のサブサイトやサテライトサイトの作成であれば、ホームページ・ビルダーを使い自分で作ることをお勧めします。

ホームページ・ビルダーはIBMが開発していたのですが、途中からソースネクストになり、安いだけで機能アップが止まった印象がありました。しかし、いつの間にか一太郎で有名なジャストシステムに開発、販売共に移ったようで、飛躍的に進化を遂げています。

ホームページ・ビルダー17は、複数のバージョンがあるのですが、ビジネス向けのテンプレートが含まれるのは、バリューパック以上となります。できればビジネスパックがお勧めです。

購入はアマゾンが値段も安く便利です。
ホームページビルダー17

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/52445238
この記事へのコメント
こんにちは 藤田と申します。

ホームページビルダーは大分使いやすくなりましたね。
WordPressも使えるのは、すばらしいことですね。

私は、NucleusCMSでブログを立ち上げています。
テンプレートも自作です。

見にきて下さいね。

応援ポチ
Posted by 藤田 at 2013年05月25日 14:34
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)