被災地への募金は確定申告で税金が安くなる

 
東日本大震災の義援金を寄付した場合に、一定の条件を満たす場合には確定申告を行うことで税金が安くなる場合があります。

TV等でも取り上げられているのを見かけましたが、ご存じない方も多いようなので概要を紹介します。

通常の寄付金控除だけですと、たいした額ではないのですが、「ふるさと寄付金」の制度で翌年の住民税が軽くなるものです。

条件はそれほど厳しく無いようで

・2,000円以上の募金をした
・被災地の県や市町村に直接募金を行った
・日本赤十字社への振込
・中央共同募金会への振込

振込み書の控えと共に確定申告を行うことで、所得税と住民税が控除(還付)されるものです。
ふるさと寄付金で控除(還付)される額は、寄付金-5,000円になるようです。

給与所得500万円の例が出ていましたが、
1万円の寄付で5,300円
3万円の寄付で25,300円
所得や家族構成によっても違ってきますが、子供二人の4人家族が1万円の寄付で8,000円以上になる例を紹介していました。

サラリーマンの方だと確定申告に縁がない方も多く、面倒とか難しい印象を持っているようですが、国税庁のホームページで簡単に書類も作成できますし、手間もさほど掛からないですよ。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/52375307
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)