アクセス解析の基本操作(Google Analytics)

 

ホームページの運営で欠かせないのが、定期的なアクセス解析です。
アクセス解析を行うことで、あなたのホームページの様々なことがわかります。

  • ホームページの訪問数や何ページ見ているか?
  • どのページに人気があるのか、または不人気なのか?
  • 訪問者はどこからやって来たのか?
  • どのようなキーワードで検索してたどり着いたのか?
  • 売り上げに繋がる検索キーワードは何か?
  • 訪問者が逃げている場所はどこか?

など、様々な分析が可能で、効率的な検索エンジン対策やリンスティング広告に役立ちます。ホームページの改善すべき点を見つけて、成約率アップにつなげていきます。


高度な分析が無料で利用できるアクセス解析ツール「Google Analytics」を使って、実際にアクセス解析を行う方法をご紹介していきます。

Google Analyticsを利用するのは、アカウントの申し込みを行い、ホームページに簡単な組み込み作業が必要となります。決して難しい作業ではないのですが、ホームページ作成の知識が必要となりますので、ここでは説明いたしません。

それでは、基本的な操作から見ていきましょう。

1.Google Analyticsにログインする

Google AnalyticsはWebベースのサービスですから、あなたのパソコンに専用ソフトをインストールする必要はありません。ブラウザでアカウントを取得したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

http://www.google.com/analytics/ja-JP/

Google Analyticsにログインする

 

2.分析するサイトを選択

Google Analyticsの設定画面が表示され、複数のサイトを管理している場合にはサイトの一覧が表示されますので、分析を行うサイトを選択します。

分析するサイトを選択

 

3.マイレポート画面

管理画面で分析するサイトのレポートビューをクリックするとマイレポート画面が表示されます。

この画面は自由にカスタマイズが行え、自分が普段見るレポートを集めてサマリーを確認することができます。

マイレポート画面

 

4.アクセス状況の概要を確認する

マイレポートで初めに表示されているグラフは日々の訪問数を表すセッション数の推移グラフです。訪問数の推移と共に参照ページ数の変化もチェックしましょう。

アクセス状況の概要を確認する

 

5.レポートの集計期間を変える

初期値では直近の1ヶ月間のレポートが表示さます。
日付欄をクリックすることで任意の期間での集計が行え、期間での比較も簡単に行うことができます。

レポートの集計期間を変える

 

6.各種レポートの呼び出し

よく使うレポートはマイレポートに登録すると、一覧でサマリーを確認することもできますし、詳細なレポートも簡単に呼び出すことができます。

各種レポートの呼び出し

 

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50995841
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)