Vistaはゆっくり普及?

 
Windows Vista搭載パソコンの売上が伸び悩んでいるようです。
昨年の同時期に比べれば売上は伸びているが、発売前の買い控えを埋める程度で、以前のWindwos95、98の発売時のような盛り上がりは無いとのことです。

Vistaが発売されたからパソコンを始める人は少なく、乗換えが中心ですから、徐々に浸透していくのでしょう。


店頭での主力モデルが、LowスペックでAeroの搭載されていないBasicであったことも、読み違いだったようですね。積極的にVistaモデルを買う人は上位機種を求めているのでしょう。

このサイトでVistaへの早期乗り換えには消極的な記事を書いているのですが、別にVistaを否定するものではありません。

次に買い換える時には間違いなくVistaモデルですし、XPよりも進化した素晴らしいOSであることは間違いありません。

多少時期の早い遅いはあっても、間違いなくVistaに移行することになりますから、まだ、Vistaをチェックしていない方は、日経パソコンオンラインのWindows Vista体験ツアーがお勧めです。

Windows Vista体験ツアー

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50977346
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)