そろそろIE7への対応を

 
このサイトの2/10-2/16のアクセス解析を行ったところ、IE7の割合が11.22%となっていました。

1/30に発売が開始されたWindows VistaではIE7が標準搭載されましたが、XP用としても昨年の11月から先行してIE7の提供が開始されていました。

特にこのサイトの場合、IE7やFireFoxの割合が高いのですが、一般消費者向けのサイトやB2Bのサイトであっても、無視できない割合になってきているようです。

IE6とIE7ではCSSの仕様、解釈が異なり互換が無いことから、表示が乱れるなど修正が必要なサイトも多いようです。

IE7からはRSSに標準対応していることも大きな特徴で、まだRSSに対応していないサイトは不利になりそうです。

まだWindowsアップデートでの自動更新は行われていませんので、全体の割合としては少ないですが、春ごとには自動更新での提供が始まり、本格的にIE7の普及が始まりそうです。

そろそろIE7への対応を考慮する必要がありそうですね。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50915521
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)