無料で独自ドメインも利用できるMSのOffice Live

 
マイクロソフトが2006/12/11から小規模事業者向けインターネットサービスとしてβ運用を開始した「Office Live」ですが、無料で独自のドメインまで取得して利用できるとのことで、少し詳細を調べてみました。

サービス内容としては、独自ドメインによるメールおよびWebサイトの運営と、社員間のデータや情報を共有するグループウエア環境がメインとなります。

提供される機能の違いにより、「Office Live Basics」「Office Live Essentials」「Office Live Premium」「Office Live Collaboration」の4つとなり、正式サービス移行後も無料で利用できるのは、「Office Live Basics」となります。

「Office Live Basics」で利用できるのは、独自のドメインによる、メール、ホームページスペースになりますが、やはり上位の有償サービスと比べると大きな制限がありました。

「Office Live Essentials」などがOffice Outlook 2002 (XP) 以降を利用してメールのアクセスが出来るのに対して、Webのみのアクセスとなります。

さらに、既存サイトのアップロードやHTML または他社の デザイン ツールの使用も「Office Live Essentials」からとなりますので、Office Live Site Designer ツールによる簡易的なホームページ作成のみなっています。

本格的なWebサイト運営には、有償の「Office Live Essentials」以上が欲しいところですが、やはり全て無料は魅力的です。SEOにも利用できそうですので、セカンドホームページとして利用するのも良いかもしれません。

どのプランもβ期間中は無料で利用できますので、社員間の情報やデータ共有ツールとして、「Office Live Essentials」や「Office Live Premium」を試してみる価値はありそうです。

⇒ Office Live

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50855700
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)