サイトの更新情報をヤフーに効率的に通知する

 
日本では圧倒的な利用率のヤフーですが、ヤフーで検索されるためには、インデックスに登録されなければなりません。

インデックスへの登録はヤフーのクローラ(ロボット)が、世界中のホームページのリンクを辿って巡回し、ページを見つけてインデックスに登録していきます。

ただ待っていても、何時登録されるかわかりませんので、ヤフーに巡回の依頼をすることも可能です。

⇒ Yahoo!ジャパン(YST)への登録
登録は無料ですが、Yahoo! IDが必要です。

継続的に更新を行い、訪問者も増えてくると外部からのリンクも増えますし、ヤフーのクローラの巡回頻度も上がりますから、ページの追加、更新が反映される時間も早くなってくるようです。

しかし、せっかく書いた記事ですから、もっと早く確実にヤフーに登録させる方法はないかと調べてみました。

・Pingを送信する
ヤフーでもPingの送信先を公開していますので、エントリーの登録時に更新Pingを送信することで、新しいエントリーを通知することができます。しかし、最近は送信エラーとなるようですし、他の多くの方も送っているため差別化は出来ません。

・Yahoo!SiteExplorerにRSSフィードを登録する
米国ヤフーでβ版として提供されているYahoo!SiteExplorerに2006/08/10からサイトおよびRSSフィードを登録する機能が追加されています。

⇒ Yahoo!SiteExplorer

利用には米国ヤフーのID(日本のIDとは異なります)が必要ですが、無料で登録できます。日本のヤフーもインデックスは米国ヤフーのものを利用しているようですので、登録の効果が期待できます。

このサービスはGoogleのサイトマップに類似した巡回を促すツールと言えそうです。ただし、RSSフィードをそのまま利用しますので、新しく追加されたファイルだけの情報となりまので、Googleサイトマップのようにサイト全体の情報を通知するには工夫が必要となります。

しかし、追加されたコンテンツを効率的にヤフーに通知するツールとしては手間も掛かりませんので利用する価値は高そうです。


ここで紹介した方法は、ヤフーへの巡回を促す補助的なもので、インデックスを保証するようなものではありません。ページがインデックスされるには複数の被リンクが必要なことに変わりはありませんし、検索上位に表示されるにはSEOが必要です。ただ、インデックスされなければ検索される可能性はゼロですので、参考にしてください。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50752204
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)