MSのスパイウェア対策ソフト

 
マイクロソフトは、6月2日からスパイウェア対策ソフトウェア「Windows Defender」のベータ2の提供を開始しました。これは、年内に国内でも無償提供が予定されているもので、米国では年初から既にベータ版が公開されていたものです。

広がるスパイウェアの脅威にマイクロソフトが積極的に取り組んでくれることは歓迎すべきことです。サードパーティのツールに比べて、初心者にも使いやすいようシンプルな操作性となっていることも評価できると思います。

スパイウェアと判断された場合、利用者に対策の判断を求めるソフトが多いのですが、一般の方は対処に困ってしまいます。「Windows Defender」では自動で対処方法を判断し、対策することで簡単な運用を可能としています。

⇒ スパイウェアの詳細や対策ソフトのダウンロードページ

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50616568
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)