ホームページ制作会社の選び方

 

会社のホームページを作る場合、ホームページビルダーなど市販のホームページ作成ソフトを使用して、ご自分で作成することも可能です。

パソコンの性能も上がっていますし、ホームページ作成ソフトも使いやすくなり、ご自分で作成されている方も大勢います。

ホームページの作成自体は、決して難しいものではありませんし、作成ソフトの操作を習得すれば、誰でも作れるものです。

しかし、忙しい中小企業の経営者や幹部が、作成ソフトの操作を覚えて1からホームページを作成することは容易ではありません。

まして、「ホームページを作れる」ことと「売上に貢献するホームページを作る」ことは大きな違いがあります。


  • どうしたら、ホームページに集客が出来るのか。
  • どうしたら、目的のページを読んでもらえるのか。
  • どうしたら、購入率を上げられるのか。

など、これらは多くの失敗とともに、試行錯誤して成功方法を見つけてきたものです。
特にインターネットの世界は変化が早いですから、常に試行錯誤を繰り返す必要があります。

始めから全てを自分でされるのは、時間的ロスも大きいですし、失敗する可能性も高くなります。

やはり、インターネットの専門家である、ホームページ制作会社を利用されるのが成功への近道なのだと思います。

専門の制作会社を利用する場合も、全てをまる投げし、まかせっきりで成功できる程、インターネットの世界は甘くはないのです。

経営者が自ら本気で取り組み、外部の制作会社を最大限に活用することが大切なのではないでしょうか。

ホームページ制作会社の特性を理解した上で活用する

これから、ホームページの制作会社を利用しようとお考えの場合、制作会社にもそれぞれ特徴がありますので、目的にあったホームページ制作会社を選ばれることがポイントになります。

それでは、ホームページ制作会社の代表的な種類を説明いたします。

■ デザイン/出版系

もともとは、印刷業界で雑誌や書籍のレイアウトやデザインを行っていた人たちが、ホームページも作るようになったもので、綺麗でオシャレなページを作ることを得意とします。

ホームページ作成の需要の高まりと共に、印刷をお願いしていた業者にホームページも依頼するようになったことが始まりで、一番多いホームページ制作会社はこのタイプです。

デザインソフトが紙だけでなく、ホームページも作れるようになったことから、彼らが多くのホームページを手がけるようになって行きました。

綺麗でオシャレなホームページが賞賛されたこともあり、「WEBデザイナー」とか「WEBクリエーター」にパソコンを得意とする若者が憧れ、この職に就いています。

残念なことに彼らの多くは、綺麗でオシャレなページを作ることに興味はありますが、商売にはあまり関心がありません。売れることよりも、格好いいと言われるサイトを作ることに喜びを感じます。

あなたの持っている商品知識と今まで売ってきた経験やノウハウを彼らに理解してもらうことが、ポイントとなりますから、彼らの特性を先に理解した上で上手に付き合ってください。

■ 技術/システム系

もともとは、社内の基幹業務などのシステムを手がけていた会社が、システムのWEB化と共にホームページも手がけるようになったケースが多いようです。

早くからWEB中心に移行して、急成長した会社も多くありますが、今となってはWEBの開発は当たり前になっています。

大規模なポータルサイト、ECサイトや全社レベルの社内システムなど大きなシステムを得意とします。

プロジェクトチームでの開発が中心となり、業務の専門家、エンジニアとデザイナーなどがチームとしてサイトの構築を行います。

実際の製造を行うプログラマーは、技術、テクノロジーを追求し、人間よりもパソコンと接することを好みます。彼ら自身は商売にはあまり関心がありませんから、プロジェクトチームでの開発が必須となります。

大手のホームページ制作会社もそうですが、中小企業のサイトは、規模が小さく手間がかかる割には利益が少ないので、彼らには敬遠されるようです。

■ マーケティング/コンサルティング系

実際の作成まで手がけるケースは少なく、ホームページ制作会社との協業になることが多いようです。

売ることや経営を分析して改善することのプロですから、売れるホームページを作れるのかといえば、必ずしもそうではないようです。

もし、お付き合いのある先生に依頼する場合、あなたの商売は熟知していても、インターネットのビジネスは素人の可能性があります。

ホームページ制作会社との間に入っていただくか、インターネットの専門家にお願いするのがよいかもしれません。

では、どのような業者に依頼すべきか

理想的には、デザイン、技術、マーケティングの全てをバランスよく出来る会社に依頼すべきなのでしょうが、中小企業の場合、予算的に考えると難しいものがあります。

大手の制作会社であれば、それぞれの得意分野を持った人材を確保していますから、お客様の要望に合わせた対応をしてくれるでしょう。しかし、費用は嵩みますから中小企業ではコスト的に回収は難しくなります。

中小企業がホームページ作成業者を利用する場合、全てを求めるのではなく、お客様の状況に合った得意分野を持つ業者を選ばれることが大切なのではないでしょうか。

既にホームページを運営していて、実績も出しているが、リニューアルを行いたいとか、自分で作成し、素人のデザインに限界を感じているなど、具体的に作りたいホームページのイメージが出来ているのであれば、デザイン系の業者に依頼するのが良いでしょう。

データベースと連動させるなどシステム的な仕組みが必要な場合は、システム系の業者に依頼することになりますが、彼らだけだと集客などマーケティング面で弱い傾向があります。

これから初めてホームページを作られる場合や、現在のホームページが結果を出せていないのであれば、マーケティングにも強く作成まで行える業者を見つけてください。
どのようなホームページを作るのか、ホームページの目的や求める結果が明確になるよう、彼ら専門家と納得がいくまで相談して、あなたの商売に貢献するホームページを作ってください。

とりあえず、キレイなホームページがほしいとか、紙の会社案内と同じで内容でいいから、ホームページがほしいのであれば、既存の出入り業者に作ってもらうか、学校を出ただけで、経験の少ないデザイナーや、趣味の延長でパソコンが少し得意な方でも、見た目にはそこそこ綺麗なホームページを安く作れるでしょう。

しかし、商売のためのホームページが作りたいのであれば、お勧めできません。

中小企業で、ホームページ作成を成功させる秘訣は、業者や担当者にマル投げするのではなく、経営者や幹部が本気で一緒に取り組むことだと思います。

 

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/50557608
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)