SEOはSTRONGタグの使い方を注意

 
SEOにも効果があるとされる<STRONG>タグですが、画面での見た目は<B>タグと違いが無いようですが、どのように使うべきなのでしょうか。

文法的には<B>タグは視覚強調のためのタグで、<STRONG>タグは論理強調のタグとされており、検索されたいキーワードなどは、文書の中でもっとも意味を強調したい重要語句ですので、<STRONG>タグで囲むことによって、検索エンジンに理解させます。

<B>見た目を視覚的に強調</B>

<STRONG>意味を論理的に強調</STRONG>

では、実際の使い方ですが、そのページの中でもっとも強調したいワードだけに使ってください。検索エンジンに、一番重要視させたいメインのキーワードだけに限定して使用し、乱用はしないでください。

長いセンテンスを強調することも何を強調したいのか解らなくなりますから止めましょう。

他に論理強調のタグとしては<EM>がありますが、意味合いは同様となります。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/20382710
この記事へのコメント
はじめまして、「SEO対策」と申します。
関連性の高い記事を取り扱っておられますのでトラックバックさせて頂きました。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by SEO対策 at 2005年04月30日 19:18
はじめまして。
このサイトはgoogleの検索で発見しました。
私も最近、ブログの記事にSEO対策を始めたのですが、どうしてもわからないことがまして、お尋ねします。
たとえば1ページに横浜という語句が3回書かれたしますと、そのすべてを<STRONG>タグで囲んだほうがよいのでしょうか?
それともその中の一つだけにしたほうがよいのでしょうか?
よろしかったら、教えていただけないでしょうか。
Posted by letasu at 2007年02月03日 23:48
個々の状況により異なり、絶対の答えは有りませんので試行錯誤を繰り返すことになると思います。

基本的には、

・ページごとにターゲットのキーワードを出来るだけ1つに絞る
・タイトル、本文共にそのキーワードが一番多く含まれるようにする。
・キーワードを羅列しない。出現率は5%程度を目安にする。

更に目標キーワードを強調したり、日本語の区切りを明確にするなどの目的で使用されるとよいと思います。
Posted by papa at 2007年02月05日 17:22
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)