SEO対策にALT属性は重要

 
IMGタグのALT属性(代替テキスト)は、そのイメージ画像の説明を記載するもので、画像がダウンロードできない場合やアクセスビリティの面からも設定を推奨されていますが、実際には割愛されていることが多いようです。

<img src="images/btn.gif" ALT="画像の説明" />

SEOの観点から見るとALT属性は重要な意味を持ちますので、必ず設定を行ってください。


ALT属性に設定された「画像の説明文」は検索対象となる場合がありますので、検索キーワードを盛り込むことを忘れないでください。あまり極端なキーワードの羅列や画像に関係のない内容は問題ですので、代替テキストが表示されても違和感のない範囲で上手く設定してください。

悪質なものはスパムと判断されペナルティーを受けますので充分に注意してください。

Googleは2003年後半頃から、リンク画像のみを対象にするようになっていますので、メニューに画像を使用している場合や画像のボタンやバナーからリンクしている場合は、ALT属性に設定された内容が、そのリンク先のページの説明となりますので、必ずALT属性を設定するようにしてください。

たとえば「ホーム」のリンクを置く場合、テキストリンクであれば意味を持たせることができませんが、画像のボタンとしてALT属性に「○○○○のホームへ」などと設定すれば、丁寧な説明になると共にリンク先のページに意味合いを持たせられますので、有利になります。

ページ数が多いサイトの場合、共通のメニューで適切に設定を行うことで、サイト全体として底上げする効果もあるようですので、サイトテーマに沿ったキーワードを使うと良いでしょう。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/19588450
この記事へのトラックバック
ロボット型検索エンジンは、画像の中の文字を認識することができません。 リンクを貼...
ALT属性挿入について: by SEO対策【SEO対策ドットコム】at 2005年04月26日 10:39
この記事へのコメント
はじめまして、「SEO対策」と申します
関連性の高い記事を取り扱っておられますのでトラックバックさせて頂きました。
Posted by SEO対策 at 2005年04月26日 10:39
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)