ホームページに集客が出来ていますか?

 
ホームページを立ち上げたが、売上に貢献するどころか、問い合わせすらほとんど無い。たまに来ても冷やかしばかり、なんて話をよく耳にします。

立ち上げただけでは、郊外の裏通りに看板も無いお店を出したようなものです。表通りに看板を出すとかチラシをまくなどして集客をしなければお客様は来店してくれませんよね。

インターネットでも実店舗と同じようにお客様を呼び込む工夫が必要なのです。
思ったように集客が出来ていないのであれば、まず始めにこれだけはチェックしてみてください。

■ ホームページのタイトル
以外に多いのが、会社名をそのままタイトルにしているケースです。中小企業の場合、タイトルに会社名だけでは、誰も見つけてくれません。最低でも「△△△△の○○○○株式会社」など、何をしている会社なのか解るようにしてください。

あと、全てのページで同じタイトルになっているものも見かけますが、そのページの内容を表す内容を個別に設定してください。

タイトルにはお客様が検索で使うキーワードを入れるのがポイントです。

■ ヤフーに登録していますか?
ビジネス目的ならお金を払ってヤフーに登録してください。正しく登録すれば、直ぐに元は取れると思います。

登録するカテゴリー、タイトルおよび説明文の内容が重要です。この中に検索で見つけて欲しいキーワードが含まれていなければ、登録しても検索結果には表示されません。

既に登録しているのにYahooから集客できていない人は、登録内容を確認してみてください。

■ 検索エンジンで見つけることができますか?
インターネットで情報を探す方法で一番多いのは、検索エンジンを使うことですから、GoogleやYahoo!からあなたのホームページが検索できなければなりません。
会社名や商品名ではなく、お客様が使う言葉で検索して表示されることが大切です。お客様が検索に使うであろうキーワードで検索して、5位以内に表示されることが理想ですが、2ページまでには表示されることが重要です。

■ フレームを使わない
フレームとは、画面を分割してタイトルやサイドメニューなどと本文を別ページで作成する方法で、メンテナンスが楽になるなどの理由から使われることがありますが、できれば使わないで欲しい技術です。

多くの文章があって検索エンジンにヒットしやすいのは、本文のページなのですが、その中身のページだけが直接表示されることになります。中身のページだけが表示されてしまうと、メニューもタイトルも無く、どこにも行けない最悪の状態になります。


せっかくお客様に来てもらっても、肝心のページの内容が伴わなければ意味が無いのは言うまでもありません。適切にメッセージが伝わり、お客様が行動しやすい仕組みを用意することが大切です。


○ こちらの記事もあわせてご覧ください。

アクセスアップ全般
アクセスアップの基本は検索エンジン対策で
検索結果に上位表示される重要性
検索エンジン対策は何から始めるのが良いか
あなたのサイトを適切に表す検索ワードの探し方
日本人はYahooがお好き? 検索エンジンはこの3つを押えよう
Yahoo対策はディレクトリ登録で
ディレクトリ型 検索エンジンの登録先一覧


検索エンジン最適化(SEO)
SEOの基本となるHTMLの構造とタグ
SEOに有効なリンクとは? ページランク/リンクポピュラリティって
SEOにMETAタグは有効か?
ヤフーの検索ロボットに登録する方法
検索エンジンの攻略はアクセス解析から
定番の便利ツール

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/18931529
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)