Yahoo!とGoogleの利用ユーザー層の違い

 
検索エンジン対策を行う上で、YahooGoogleの利用ユーザー層の違いを意識する必要があります。

同じ検索ワードでも、YahooGoogleではユーザー層が異なる場合も多くあり、Yahooで検索されないキーワードがGoogleで検索されたりすることがあります。またその逆もあります。

一般的にYahooは初心者が多くGoogleは検索なれしている人が多くなりますので、Yahooから検索したユーザーには、情報をやさしくまとめたページに、Googleからのユーザーには詳細な情報を提供するページにと、ユーザー層毎に求めている情報の違いを意識した誘導を行うことで、コンバージョン率を高くすることが可能となります。

同じキーワードで誘導しても、最終的な購入率に大きな違いが出ることがありますので、検索エンジンごとに売上に貢献するキーワードを見極めましょう。

PPCの広告メッセージもこれらの違いを意識した内容にすることが大切です。


 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/17173955
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)