対策が必要な検索エンジンはこの3つ

 
日本ではYahooのシェアが圧倒的に高く、海外と状況が大きく異なっています。

YahooGoogleMSNの順で、4:2:1ぐらいの割合になります。

できる限りシステムで自動化するGoogleよりも、要所で人間が介在するYahoo!の方が日本人には支持されているようです。

欧米ではYSTの導入でページ検索を優先に切り替えましたが、Yahoo!Japanでは未だにディレクトリの登録内容が優先して検索されています。今の日本語検索の技術では、システムによる完全自動化よりも人間が作成したインデックスの方が、精度が高いと判断しているのかもしれません。

他のサイトもエンジンはGoogleを使用しているものがほとんどですので、検索エンジン対策を行う上であまり気にする必要はないでしょう。

Yahoo、Google、MSNの上位3つの検索サイトに集中してください。他の中小規模のものは、手間のわりに効果はあまり期待できませんので、もっと効果が上がることに時間を使いましょう。

 

やくにたったらクリックをお願いします。
人気blogランキング




このBlogのトップページへ▲

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/isogin88/17172639
この記事に関するコメントをお寄せください。
疑問や質問など、なんでも結構ですので、気軽に書き込んでください。
(必須)